歩いてローカル!

一人でも参考になってくれたら嬉しい、商品レビュー&体験談を語るブログ

【ネタバレ注意】映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』結末は?見どころも紹介!


ランキングに参加中!
あなたの1クリックが励みになります!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

f:id:arukaru:20190520154134p:plain

 

「目に見えるものが真実とは限らない」

 

人気ドラマ「コンフィデンスマンJP」が映画となって帰ってきました!

 

今回は映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の基本情報から見どころ、結末まで一気にご紹介したいと思います。

 

※ネタバレを含んでおります。ご覧になる際はご注意くださいませ!

 

 

コンフィデンスマンJPとは?

 

 

2018年の春ドラマで放送された、「コンフィデンスマンJP」

 

この作品は、コンフィデンスマン(信用詐欺師)であるダー子、ボクちゃん、リチャードが欲望にまみれた悪者から大金を騙し取る、痛快コメディです。

 

映画のあらすじ

 

今回の舞台は香港。

 

ターゲットは、マフィアを束ねる女帝であり、その冷酷さから「氷姫(こおりひめ)」という異名を持つラン・リウ。

 

ダー子は、その女帝が持っているとされている伝説のパープルダイヤを奪うべくラン・リウに近づきます。

 

そこへ同じくランを狙う天才詐欺師ジェシーが現れ…。

 

パープルダイヤの行方は?さらにジェシーとダー子の過去に何が…?

 

大どんでん返しの結末に目が離せません!

 

キャスト

 

  • ダー子・・・長澤まさみ
  • ボクちゃん・・・東出昌大
  • リチャード・・・小日向文世
  •  五十嵐・・・小手伸也
  • モナコ・・・織田梨沙
  • ラン・リウ・・・竹内結子
  • ジェシー・・・三浦春馬
  • 赤星栄介・・・江口洋介
  • ちょび髭・・・瀧川英次
  • バトラー・・・Michael Keida
  •  鈴木さん・・・前田敦子

 

  • 監督:田中亮
  • 脚本:古沢良太

 

【ネタバレ注意!】ロマンス編の見どころを3つ紹介!

 

コンフィデンスマンJPの映画を観て「ココを特にオススメしたい」という見どころを3つ紹介したいと思います!

 

①映画中はジェシー(三浦春馬)に惚れる!

 

 

 

この映画のカギを握る、天才恋愛詐欺師のジェシー。

 

ジェシー役の三浦春馬の演技が本当にピッタリなのです!

 

以前はダー子と恋人役で仕事をしたこともあり、ダー子の心も、ターゲットのランの全てをも奪おうとするデキる男。

 

黒いスーツに黒いワイシャツ姿がカッコよくてセクシー。

 

そんな美しい三浦春馬さんにも注目です! 

 

②豪華ゲスト!ドラマ時代のキャストも出演!

 

 

今回の映画では、ドラマでダー子らにコテンパンにされた面々が再度出演しています。

 

例えば、ドラマ第1話「ゴッドファーザー編」の赤星栄介役の江口洋介

 

赤星は今回、ダー子らの命を狙う悪者として再度出演します。

 

さらに、第2話「リゾート王編」桜田しず子役の吉瀬美智子

 

第9話「スポーツ編」桂公彦役の小池徹平、第10話「コンフィデンスマン編」鉢巻秀男役の佐藤隆太もちょこっと出演!

 

また、2019年5月18日のスペシャルドラマ、「運勢編」のラストが映画で明らかになります!

 

ダー子が踊っていたあの曲は・・・?

 

ドラマを見逃した方は、FODから見逃し配信をやっているようなのでぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 ③大どんでん返しで気分もスッキリすること間違いなし!

 

 

 

この作品の見どころは、何と言っても最後に大どんでん返しが待ち受けるネタバラシシーンです!

 

作品の特徴を知っているのに、毎回視聴者は騙されているはず・・・。

 

全てダー子の演出で、全て斜め上をいく予想外な展開に驚きます!

 

また、作中に所々伏線をはっているのですが、それもきちんと回収してくれるので、見てみて爽快な気分!

 

最後には悪者が葬られ、ダー子のお手柄になっていますから、ストレス解消な映画間違いなしです。

 

【ネタバレ】ロマンス編の結末は…?

 

f:id:arukaru:20190520143837p:plain

 

ここからはロマンス編の結末をお話しします。

 

ネタバレ有りなのでまだ観ていない方はお気をつけください。

事の発端は、ダー子らの子猫ちゃん(お手伝いで雇われる人)である「鈴木さん(前田敦子)」がジェシーに騙され、多額のお金を奪われたことからはじまります。

 

そのことに憤慨したダー子は、ジェシーからお金を奪い返すことを決意。

 

つまり、本当のターゲットは、ラン・リウではなくジェシーだったのです。

 

3人に恨みのある赤星は、ジェシーを使ってダー子らを差し出すように命令、さらに、ランからパープルダイヤを奪う計画まで立てていましたが…

 

全てはダー子にお見通しだったわけですね。

 

ネタバラシでわかったこと
  • モナコはジェシーの手下だった
  • ラン・リウに始まりその周辺の人物は全て子猫ちゃん
  • 「スター」とはジェシーのことではなく、ダー子が慕うラン役の詐欺師
  • ランの元夫役はリチャード、元夫に付き添う金髪美女は鈴木さん
  • 元夫役のリチャードに30億支払うジェシー(赤星の金)
  • パープルダイヤは石を加工した偽物
  • 本物のランの屋敷も別の場所に存在

 

ジェシーにも一度は騙されたふりをして倍返し成功。

 

全てを知ったジェシーは逃げるように赤星の元から去りました。

 

ダー子が仕込んだ演出で大金を獲得。完全なる勝利で幕を閉じます。

 

(ちなみに、本物のランは作中でもちょこっと出てきた眼帯のおばさんで、パープルダイヤは目に仕込まれていたというオチ。)

 

まとめ〜面白い映画なのでオススメ〜

 

今回は、映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」の見どころや結末を紹介しました。

 

この作品は、ドラマを見ている方もそうでない方も楽しめる内容で、騙されてネタバラシされる快感を思う存分味わうことができます。

 

また、広東語を話すキャストもカッコよかった!

 

今回映画を観てさらに、コンフィデンスマンの世界を満喫できて大満足です。

 

本当に、「目に見えるものが真実とは限らない」と実感できます。

 

面白くて気分がスッキリする映画なのでぜひ観てみてくださいね!