歩いてローカル!

一人でも参考になってくれたら嬉しい、商品レビュー&体験談を語るブログ

【ネタバレ注意】映画「トイ・ストーリー4」の結末や見どころは?


ランキングに参加中!
あなたの1クリックが励みになります!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

f:id:arukaru:20190711203734p:plain

 

「おもちゃにとって大切なのは、子供のそばにいること。」

 

 

映画「トイ・ストーリー4」が、2019年7月12日(金)に公開されましたので、早速観てきました!

 

ディズニー・ピクサー映画は、観ている人に夢や希望を与え、生き方・考え方についてちょっとしたヒントをくれる、本当に素晴らしい作品です。

 

今回は、「トイ・ストーリー4」の映画の概要から、見どころ、結末などをできる限り紹介したいと思います!

 

※ネタバレがありますので、まだ映画をご覧になっていない方はご注意ください。

 

 

「トイ・ストーリー4」のあらすじ

 

前作では、ウッディ達の元持ち主「アンディ」が、大学進学を機に、現持ち主の「ボニー」におもちゃを譲りました。

 

 

トイ・ストーリー4は、その後のお話となります。

 

ボニー宅で変わらず過ごしていたおもちゃ達。

しかし、ウッディは、ボニーに遊んでもらう頻度が徐々に少なくなっていました。

 

そこへ現れた、ボニー自作の「フォーキー」という先割れスプーンのおもちゃ。 

フォーキーは自身のことをゴミだと思っていて、すぐにゴミ箱に入りたがる気弱な性格です。

 

ある日、家族で移動遊園地へお出かけする途中に、フォーキーが逃げ出してしまい、仲間の元を離れて追いかけるウッディ。

 

フォーキーやウッディ達の運命はどうなるの…?!

 

キャスト・スタッフ

 

キャスト・製作スタッフについては、表にまとめてみました。

f:id:arukaru:20190712133017p:plain

 既存の声優陣のほか、新しく登場したキャラクターには、芸人の「チョコレートプラネット」や女優の新木優子さんを起用しています。

 

f:id:arukaru:20190712134003p:plain

 

 注目したい!作品の見どころ5点!

 

映画を観てみて、私が感じた見どころを5点紹介します!

 

ネタバレご注意くださいね。

 

①ギャビー・ギャビーの真の目的は?

 

アンティークショップのおもちゃの中で、ボス的存在である、「ギャビー・ギャビー」

 

ギャビーは、ウッディのボイスボックスを執拗に狙っています。

 

ただボイスボックスが壊れているのを直したい」という理由だけではなさそうです。

 

なぜ、そこまでしてボイスボックスにこだわるのか。

 

それには、おもちゃならではのある思いが関係しているので、映画の後半に注目です!

 

②内なる声を聞いて・・・

 

今作のセリフで重要となってくるのが、「内なる声を聞いて」というワードです。

 

この言葉は、ウッディだけでなく、バズの行動の要にもなってきます。

 

特に、バズがこの言葉に従って動こうとしているので、見ていて面白いです。

 

内なる声=本心・本音という意味で解釈しましたが、自分の本心に従って生きる大切さを教えてくれる作品だと思います。

 

③頼れる姉貴ボー・ピープ!ウッディとの関係は?

 

 

前作で出てこなかったボーが、今回は大活躍!

 

ボーがなぜ前作で出てこなかったのか、今作できちんと判明します。

 

しかも、スティックを自由自在に操ってウッディを助けたり、困難に立ち向かうかっこいい一面も見ることができます!

 

思いを忘れられずにいたウッディと、新しい世界で懸命に生きるボーとの関係はどうなるのか。

 

最後まで目がはなせない展開ですよ!

 

④持ち主や仲間に対するウッディの想い

 

今作は、ウッディの仲間や持ち主に対する愛が大いに感じられる内容となっています。

 

仲間を見捨てることもなく、「持ち主のそばにいてあげることがおもちゃの役割」だと自負しているところが本当にカッコイイ!

 

例え、ボニーに構ってもらえなくなったとしても、フォーキーの見張りや皆のまとめ役など、自分にできることを見つけて頑張る姿は、観客にも勇気を与えるでしょう。

 

⑤ゴミ?おもちゃ?大人から子供まで楽しめる作品

 

 

トイ・ストーリーは、おもちゃに人格がある設定なので、大人も幼少期を思い出して当時と照らし合わせることもできる作品。

 

また、作品のおもちゃたちは、人前では動かないことをルールとしています。

 

なので、子供だったら「自分たちが見ていないときは動いているのかも?」と想像を膨らませることもできるかなと。

 

あなたの近くにあるものは、ゴミ?それともおもちゃ?

 

おもちゃはいつでもそばにいてくれて、私たちの成長を見守ってくれています。

 

おもちゃを大事にする気持ちや愛情を持って扱うことの大切さも、この作品から学ぶことができるでしょう!

 

【ネタバレ】衝撃!気になる結末は?

 

ギャビー・ギャビーからフォーキーを取り戻すべく、ウッディは、バズやボー、その仲間達と協力してアンティークショップへ潜入します。

 

しかし、アンティークショップでは、ギャビーの手下が見張っていて、ウッディ達の存在がバレてしまいました。

 

ウッディやボーが追われている一方、バズ達はギャビーがいるキャビネットの鍵をゲット!

 

バイクスタントマンのおもちゃ「デューク」の力を借りて、なんとかキャビネットに潜入し、フォーキーを見つけるものの、ギャビーに見つかって逃げる羽目に。

 

なんとか逃げ切ったのは良いものの、フォーキーが置き去りになってしまいました。

 

バズやボーはすでに諦めている様子でしたが、ウッディだけは、「俺にはこれしかないんだ!」とフォーキーを迎えに行くため、再度ショップへ戻ります。

 

そこには、待ち構えていたギャビーの姿が。

 

ギャビーは、自身の壊れたボイスボックスを直して、店主の孫の「ハーモニー」のおもちゃとして大切にされることを夢見ていました。

 

ギャビーの心の内を聞いたウッディは、フォーキーと引き換えに、ボイスボックスを渡すことを承諾。

 

ショップにバックを置き忘れたボニーが戻ってきて、ウッディ達が「帰ることができる!」という時に、ハーモニーに捨てられたギャビーを見てしまいます。

 

ギャビーを見捨てられなかったウッディは、「回転木馬(メリーゴーラウンド)で落ち合おう」とフォーキーに託し、ギャビーの元へ。

 

傷ついたギャビーをウッディが慰めていると、そこへボーが迎えに来てくれました。

 

「ボニーのところへ行こう」と回転木馬を目指す途中、ギャビーは、迷子になって泣いている女の子を見つけ、その子の元へ行くことを決意。

 

迷子の女の子は、大事そうにギャビーを抱いて、無事両親の元へ帰ることができました。

 

一安心して皆が待つ回転木馬へ。

 

そこには、バズや仲間達が出迎えてくれていました。

 

9年前を思い出して、ボーと再び別れを切り出すウッディ。

 

しかし、ボニーや仲間の元へ帰れるというのに、表情は曇り気味。

 

それを見ていたバズは「内なる声を聞いて」と、ウッディの本心に問いました。

 

結果、ウッディは本心に従い、ボニーや仲間や仲間の元を離れ、ボーと生きることを選んだのです。

 

最後に、最高の相棒、バズとハグをして別れるウッディ。

 

その後のウッディは、ボーやその仲間達と、移動遊園地のシューティングゲームコーナーで、子供達におもちゃを与えることに尽力します。

 

また、ボニーも幼稚園に馴染むことができ、フォーキーに似た新たなおもちゃが仲間入り。

 

子供部屋にも笑顔が戻りました。

 

感想・編集後記

 

今回は、公開初日に「トイ・ストーリー4」を観てきましたので、見どころや結末まで詳しく紹介してみました。

 

ウッディが持ち主や仲間の元を離れるという、衝撃的で想像を超えてきた結末で本当に驚き!

 

バズとウッディの、別れ際での熱い抱擁もかなり切なく、ボロボロ泣いてしまいました。

 

トイ・ストーリーという作品は、様々なことを気づかせてくれますが、今回は「内なる声を聞く」という、自分に正直になる生き方にハッとさせられましたね。

 

「内なる声」で観に行きたい!と思った方は、ぜひ劇場へ足を運んでみてくださいね!