お出かけ大好き!地域のことやグルメなど、何でもアリなレポ記事メインの雑記ブログです!

【徹底レポ】Mt.函館夜景ロマンスコースの予約方法・出発から帰宿まで!

函館山からの夜景を見るため、北都交通の『Mt.函館夜景ロマンスコース』というツアーを予約しました。

 

やはり、函館に行くなら、日本旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星の評価を得た夜景は外せませんよね!

 

しかも、参加日2019年7月3日は、天気も良くかなり綺麗に夜景が見えた最高の日。

 

今回は、ツアーの様子や函館山から見た夜景を丸ごとお伝えしたいと思います!

 

【前説】函館山は交通規制あり!

 

函館山

 

函館山は、一般車両が通れない時間帯があるので注意が必要です。

 

■4月25日(木)~9月30日(月)・・・17~22時
■10月1日(火)~車両用登山道冬期閉鎖・・・16~21時

 

混雑防止のため、上記の時間で一般車両に交通規制がかかっており、公共交通機関のバスやタクシー、ロープウェイで山頂に行くこととなります。

 

当日函館山へ行ってみたところ、路線バスも大変混雑しており、立ったまま乗車している方も多く見られました。

 

混雑することを考えると、観光バスでのツアーを申し込んでおいた方が、メリットは多いと感じます。

 

後ほど、バスツアーのメリットやデメリットをお伝えしますが、まずは予約方法やレポを読んでみてくださいね。

 

ネット予約可!予約方法紹介

 

北都交通の『Mt.函館夜景ロマンスコース』は予約必須です!

 

主な予約方法としましては、

 

①北都交通HPを見て電話予約
北都交通函館支店HP:Mt.函館夜景ロマンコース | 北都交通函館支店

②旅行予約サイトでのネット予約

 

が主流かと思われます。

 

我が家では、ネット予約で申し込みをしました。

 

 

「旅プラスワン」という旅行予約サイトから、北海道→函館とプランを探し、「Mt.函館夜景ロマンスコース」を検索します。

 

その際、出発するホテル名をきちんと確認してから申し込みましょう。

 

料金は、バス&ロープウェイのセットで大人1,300円、小人750円です。

 

「旅プラスワン」で予約した際は、後ほど乗車券がメールで送られてくるので、印刷して当日持参します。

 



『Mt.函館夜景ロマンスコース』レポ!

 

ここからは、『Mt.函館夜景ロマンスコース』について、出発からホテルに帰ってくるまでをレポートしていきます。

ホテルからバスが出発!

 

時刻表

 

ホテルや函館駅前から出ているロマンスコースの観光バス。

 

今回、宿泊したホテル『ラビスタ函館ベイ』からも、函館山行きの観光バスが出ていました。

 

↓ラビスタ函館ベイ宿泊レポはこちらからどうぞ↓

関連記事

朝食が美味しいホテルランキング、北海道1位の『ラビスタ函館ベイ』   人気観光地、函館のベイエリアにあり、周囲には赤レンガ街や美味しい食事処も並ぶ、立地の良いホテルです。   そこで今回は、今後宿[…]

ラビスタ函館ベイ

 

出発が19:55分ということで、15分前にはロビーで待機。

 

チケット

 

10分前くらいにバスの添乗員が到着し、ネット予約後印刷した乗車券を渡して、コース用の乗車券とシールをもらいます。

 

大型の観光バスに乗り込み、ラビスタ函館ベイから出発!

 

ちなみに、座席指定はありません。

 

その後、他2ヶ所のホテルを経由して函館山に向かいます。

 

今回は、全体で40名程のツアー参加者がいました。 

 

函館山を大型バスで登る!

 

ホテルから函館山までは5分ほどで着きます。

 

山道を登る間は、車内の電気を消して真っ暗の状態。

 

山道は細く、カーブもある道が続き、バスやタクシーも譲り合って登っていきます。

 

添乗員の函館山に関する解説を聞きながら、登ること15分。

 

途中、バスから夜景が見えて、その綺麗さに心を奪われます。

 

最初は、進行方向右側から、次は左側と、左右どちらに座っても夜景を見ることができます。

 

山頂に到着!夜景鑑賞

 

看板

 

山頂に着いたらバスを降り、展望台まで階段を登ります。

 

日中は暖かくても山頂はかなり肌寒かったので、上着必須!

 

展望台では、添乗員からアナウンスがあり、集合場所、集合時間等のお知らせがあるので、必ず聞くようにしましょう。

 

今回は、35分の自由時間がありました。

 

展望台は、1階から4階まであり、

 

1階・・・ロープウェイのりば

2階・・・お土産売り場

3階〜4階・・・展望デッキ

 

となっています。

 

まず、4階の展望デッキからは夜景が綺麗に見えますが、観光客でかなり混雑しました。

 

譲り合いで写真をとっている状態で、大変窮屈に感じます。

 

正直、3階からでも変わりなく綺麗に見えますので、混雑が苦手な方はご検討ください。

 

この日は本当に運が良く、綺麗な夜景を見ることができ、地図で見る函館の形そのもので感動しました。

 

私が持っているスマホカメラの性能では、綺麗に撮影することができませんでしたが、美しさを目に焼き付けて帰ることはできます。

 

ロープウェイで下山!

 

ロープウェイ

 

集合時間になったら、添乗員がロープウェイの乗車券を配布します。

 

函館山のロープウェイは120人ほど乗れるそうで、一度に大人数下山することができます。

 

乗車時間は3分ほどですが、2台あるうちのもう一方のロープウェイは登ってくることがないので、遮るものがなく夜景を眺められます。

 

とん
ちなみに、ロープウェイの左側か前面が、綺麗に夜景が見えるオススメスポットだそうですよ!

 

同じバスに乗って帰宿!

 

ロープウェイで下山してきたら、行きと同じバスが、駐車場に停まっているので乗り込みます。

 

帰りも、ラビスタ函館ベイが最初の経由地点でした。

 

そして、無事1時間半のバスツアー終了です!

 

ホテルには、21時30分頃到着しました。

 

 

バスツアーのメリット・デメリット

 

夜景

 

今回、バスツアーに参加して感じた良い点・悪い点をまとめてみます。

 

メリット

・ホテルから直接バスが出てくれる!

・バスはゆったり座れて楽チン!

・バス&ロープウェイ&添乗員の解説付きで格安!

 

路線バスも発着していましたが、座れない程の人数が乗っていましたし、それでいて往復の山道は大変そうです。

 

また、ロープウェイは、片道で780円ですから、ホテルから直接行ける利便性やバスの料金、確実に座れる安心感を考えると、1,300円は安いように感じました。

 

デメリット

・集団行動なので時間厳守!

・長時間の鑑賞・寄り道したい方には不向き

 

ツアーバスなので、予定されたコースしか走りません。

 

函館山の他に行きたいところがある方は、他の交通手段で行った方が良いと思われます!

 

 編集後記

 

今回は、北都交通の『Mt.函館夜景ロマンスコース』について詳しくレポートしました。

 

函館で絶対に行きたい観光スポットだからこそ、きちんと交通手段を考えて行った方が良いと思います。

 

とん
バス+ロープウェイで行くなら、ツアーの予約をした方が、バスに座れて案内もしてくれるので、安心感もありオススメです!

 

ぜひ、函館の夜景を鑑賞に行きたい!という方は参考にしてみてくださいね!

記事はいかがでしたか?

こちらには、記事を読んでくださった方にオススメな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




函館の夜景
☆とんの日常はこちらから☆