お出かけ大好き!地域のことやグルメなど、何でもアリなレポ記事メインの雑記ブログです!

【ルフィが福島に!】Hello,ONE PIECEの福島会場をレポート!混雑具合は?展示内容は?

福島にも麦わらの一味がやってきた!

 

ということで、「Hello,ONE PIECE」の福島会場である、とうほう・みんなの文化センターに行って参りました。

 

我が家は毎週アニメもかかさず見ていて、ONE PIECE大好きです^^

 

とん
今回は、「Hello,ONE PIECE」の基本情報から、現地の様子まで徹底レポートしていきたいと思います!

 

週刊少年ジャンプと言ったら『ONE PIECE』

 

ONE PIECE(ワンピース)は、1997年から週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画です。

 

作者は、尾田栄一郎さん。

 

国内だけでなく、海外にもファンがいて、世界中で愛されています!

 

現在も連載が続いており、アニメも放送されているので、よかったらチェックしてみてくださいね!

 

『Hello,ONE PIECE』とは?

 

「Hello,ONE PIECE」とは、連載20周年を記念した展覧会で、初開催はマレーシアで行われました。

 

そのマレーシアで行われたものが、日本各地や世界を廻っているのです!

 

日本では、札幌や愛媛、福井に。

 

海外では、マレーシアの他シンガポールや中国まで幅広く巡回しています。

 

そして、今回!東北初上陸先の福島で「Hello,ONE PIECE」が開催されることとなりました!

 

会期や入場料は?!基本情報を紹介

 

開催概要

*期間:2019年4月20日(土)〜2019年5月12日(日)

*休館日:4月22日(月)・5月7日(火)

*開館時間:10:00〜17:00(最終入場は16:30まで)

※ただし、GW期間中の4月27日から5月6日は10:00〜20:00(最終入場は19:30まで)

*会場:とうほう・みんなの文化センター3階展示室

*入場料:一般:1,100円/中・高生:800円/小学生500円/未就学児:無料

 

会場へのアクセス方法

所在地:〒960-8116 福島県福島市春日町5−54

 

*徒歩:福島駅東口から約2.3km離れていて、30分ほどで到着。

*自転車:福島駅東口からももりん自転車(火曜定休)を借りる。会場は自転車置き場あり。

*路線バス:福島駅東口のバス乗り場へ行き、9番ポールから乗車。「桜の聖母短期大学」で下車し歩いて5分。

*車:飯坂ICを降りて10分、福島西ICから降りて20分。駐車場あり。

 

市内循環の路線バスは、100円で乗車できるのでオススメ。

 

また、9番ポールに行くと、ももりん1コースと2コースがありますが、どちらから乗っても所要時間はあまり変わらないので、丁度来た方に乗ってみてください。

 

 

 

「Hello,ONE PIECE」をレポート!

 

今回、写真撮影はOKでしたが、 皆さんに実際に展示会へ行って楽しんでもらうため、実際の展示物の写真は掲載しません。

 

ここからは、展示会の雰囲気をお伝えしたいと思います!

 

駐車場から展示室に入るまで

 

文化センター

 

会場の、とうほう・みんなの文化センターに到着です。

 

駐車場はかなり車が入っていましたが、満車ではありませんでした。

 

one pieceの看板

 

文化センターの入り口すぐに展示会の案内があり、3階に行く指示が。

 

3階へはエレベーターか階段で行けます。

 

3階へ着くと、当日券販売のブースもありました。

 

私たちは前売り券を買っていたので、ブースでステッカーがもらえそのまま中へ。

 

キーワードゾーン

 

注意事項

 

展示室前に案内が。

 

動画撮影は禁止ですが、写真撮影は可能(フラッシュはNG)とのことです!

 

キーワードゾーンでは、5つのキーワードでルフィの魅力が伝えられていました。

 

私は、GW初日のお昼頃行きましたが、中に入ってみるとあまり混雑感はなく、一枚一枚原画や漫画の名シーンをゆっくりと見ることができました。

 

また、ルフィといったらあの名台詞が思い浮かびますが、まさにそのポップが出ていて、そこで写真を取れるようなスペースもありましたよ!

 



 

イラストゾーン

 

週刊少年ジャンプで使われた数々の扉絵は感動しました。

 

繊細でカラフルで素敵な作品ばかりです!

 

作者の尾田栄一郎さんのデスクを再現したものもありましたので、尾田ファンは必見!

 

また、カラーイラスト製作ドキュメントも放送されていて、尾田先生が一からイラストを製作する様子も見ることができます。

 

お知らせ

 

さらに、パネルの写真を撮影してインスタグラムやツイッター、フェイスブックに投稿すると、ステッカーがもらえるキャンペーンもやっていましたよ!

 

VR体験ができる!

 

VRは300円で体験できます!

 

もちろん体験してきました。

 

一人一人個別のブースに入り、椅子に座った状態でVRのゴーグルとヘッドホンをつけます。

 

時間は数分程度でしたので、混雑もしていませんでした。

 

内容はネタバレになるので言いませんが、「尾田先生素晴らしい!」となること間違いなしです!

 

小さいお子さんだけでなく、大人の方も体験していたので、気になる方はぜひ!

 

お土産コーナーもあります!

 

VR体験が終わると出口です。

 

出口の先にはお土産コーナーがあり、かなりの種類のお土産が並んでいました。

 

福島から発売されたTシャツもありましたよ!

 

普段使いできるものも多かったので、よければ見てみてくださいね。

 

編集後記

 

one pieceの看板

 

今回は、東北初上陸の「Hello,ONE PIECE」をレポートしてみました!

 

初上陸先を福島に選んでいただいて大変嬉しく思います。

 

また、尾田先生も監修されているので、中身がギュッと詰まった素敵な展示会でした。

 

VR体験もオススメです!

 

麦わらの一味の素晴らしさを存分に味わえます^^

 

興味のある方は、ぜひ「Hello,ONE PIECE」に行ってみてくださいね!

 

マレーシアで初開催された企画展「Hello, ONE PIECE」が各地で開催!多数のイラスト展示にVR体験も!!ルフィ…

 

記事はいかがでしたか?

こちらには、記事を読んでくださった方にオススメな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




ハローワンピース
☆とんの日常はこちらから☆