お出かけ大好き!地域のことやグルメなど、何でもアリなレポ記事メインの雑記ブログです!

初マタ!食べづわり・においづわりと戦った妊婦のつわり対策法【妊娠初期の備忘録】

ブログには今まで書いていませんでしたが(というか書く気力がなかった)、現在妊娠5ヶ月です^^

 

初めての妊娠で手探り状態!

 

妊娠が分かってからは、嬉しい気持ちと体調・精神面の変化のギャップにてんやわんや。

 

そして、18w間近になってようやく元気を取り戻してきたので、新たに妊娠・子育てカテゴリーを新設しました!

 

あ〜!つわり辛かった><

 

まだ、体力面で不安は残りますが…

 

そして、体験談を自由に書いていくブログをやっている身として、やはり妊娠初期のことも残したい!

 

ということで、今回は妊娠初期の備忘録として、私の体調面で起きたことやつわりについて語っていきたいと思います!

 

興味のある方は是非ご覧ください!

 

妊娠発覚!なぜ気づけた?

 

正直に言うと、妊娠は私にとってサプライズな出来事でした…!

 

きっかけは、生理予定日の1週間前からやけに生理痛が重い…と思った時から。

 

私は、以下のような症状が出始めました。

 

4w〜5wの体調の変化

  • 頭痛
  • 下腹部の痛み
  • だるさ
  • 微熱

 

今まで生理痛はある方でしたが、いつもより辛い…!

 

しかも、ほぼ順調な生理予定日になっても生理が来ない…!

 

これは、怪しい!

 

ということで、重い体を引きずってドラックストアへ行き、妊娠検査薬を購入。

 

その日のうちに妊娠していることがわかりました。

 

妊娠初期に現れた症状

 

無事、産院に行って検診を受け妊娠が確定。

 

6wあたりまでは元気な日もあったのですが、徐々につわりの魔の手が忍び寄ってきました…

 

ちなみに、私が体験したつわりの症状は以下のとおりです。

 

6w〜15wの妊娠初期症状

  • 空腹時に気持ち悪くなる
  • においに敏感
  • 吐き気
  • 体がだるい
  • 頻尿
  • おりものの増加
  • 肩・首のコリ
  • 頭痛

 

私は食べづわりとにおいづわりのダブルパンチでした。

 

幸い、吐くことはありませんでしたが、常に気持ち悪さとの戦い。

(吐くのが怖いので我慢したこともありました…)

 

体はだるくて寝たきりで、日中の大半をソファの上で過ごす毎日にメンタルもやられ気味だったと思います。

 

歯磨きも吐き気を催すのできちんとできないし、夜中トイレに数回起きる日々。

 

体がだるすぎて「何かをしたい」という欲もなかった2ヶ月でした。

 

家族にサポートしてもらいながら、家事もほどほどに。

 

ある意味頑張りすぎないよう心がけていました。

 

 

食べづわりと対策

 

食いしん坊な私らしく、食べづわりが主な症状でした。

 

基本、一日中ムカムカとした気持ち悪さがあるのですが、食べている時だけ少し元気になるからびっくり!

 

しかし、何でもかんでも食べられるわけでなく、口にしたい物は限られていました…

 

つわり中食べられたもの

  • フルーツ
  • おにぎり
  • 麺類

 

あれ…炭水化物しか食べられない…!(私らしいとは思う)

 

お腹が空いてより気持ち悪さが増したら、梅おにぎりか青菜のふりかけおにぎりを食べる日々。

 

パリパリの海苔を巻いたおにぎりは本当に美味しかった!

 

しかし、飽きが来るので「うどんを食べられた!」と思ったら数日後には食べる気をなくしています(笑)

 

自分の体調に振り回されていますね。

 

あとは、夜中気持ち悪さで目が覚めたときにはを舐めるようにしていました。

 

不思議と、飴を舐めたらすぐ眠りにつけたので、飴は私の救世主!

 

また、私は昼寝をしたら夕方からより気持ち悪くなる傾向がありました。

 

消化不良だったのでしょうか…。でも寝ちゃう。

 

そんなこんなで葉物野菜は食べられず食生活が乱れまくっていますが、産婦人科の先生からはこんなお言葉をいただきました。

 

『妊娠初期でつわりが辛い時は、好きなものを好きなだけ食べてください。

 

この、好きなものを好きなだけという言葉に救われた…!

 

なぜなら、野菜などを食べれない時に罪悪感があったからです。

 

つわりからどうしてもおにぎりと飴ばかりになってしまって、赤ちゃんに申し訳ないなと思っていました。

 

自分にストレスをかけず、食の楽しみを維持できたのは、先生のおかげでしたね^^

 

  • 自分が食べられる食材を見つけておく
  • 口が寂しく気持ち悪いときは飴を常備
  • 昼寝はほどほどに
  • 好きなものを好きなだけ食べる

 

においづわりと対策

 

もう一つ、私を苦しめたのがにおいです。

 

定番の白米の炊けるのにおい等は大丈夫だったのですが、私が苦手だったのは、ご飯を作っている最中のにおいです。

 

例えば、夫がご飯を作ってくれた時、それまで良かった体調が一気に急降下。

 

食べる時には気持ち悪くなり、せっかく作ってもらったのに残す羽目に…(涙)

 

どうしても食材のにおいが混ざる感じが苦手でした。

 

お出かけしても、スーパーのお惣菜コーナーやフードコートのにおいも辛かったので素通り。

 

さらに、生ゴミを片付けるときもそのにおいがキツく感じて辛かったです。

 

全集中!口呼吸!で凌いでました…^^;;

 

しかし、こんな私でも、外食等で料理中のにおいがなく、提供されてすぐ食べられるものはOK。

 

なので、少し体調が良い日の外食は楽しみの一つでした!

 

やはり、外気を吸って、嫌なにおいを避ける努力も必要ですね。

 

  • 換気を心がけ外の空気を吸う
  • においの発生源に近寄らない
  • 一時的な口呼吸で凌ぐ

 

 

自己流でつわりを乗り切ろう!

 

今回は、妊娠がわかってから安定期に入るまでのつわりや初期症状について、私の体験談や対策方法をまとめてみました。

 

つわりは人それぞれで、軽い人もいれば重い人もいて、一概に「こうすると良い!」ということはないと思います。

 

「つわりが永遠に続くことはない」とは言われても、今辛いもんは辛いんですよね。笑

 

なので、多くの方のつわり対策を参考にしていただいて、自分が一番落ち着く対処法を編み出していただければ幸いです。

 

妊娠・子育てカテゴリーも新設しましたし、今後も妊娠中などに体験したことを記事にしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

関連記事

我が家で定番のイタリアンといえば、グラン・パ 中野北口店です!   グラン・パは、元々夫が通っていたイタリアンで、私も数年前に初めて伺った時から一瞬で虜になりました♡   どのパスタを食べてもハズ[…]

グルメ日記
関連記事

一汁三菜というように、毎日の食事に汁物は欠かせないですよね。   そこで「忙しい日でもパパッと作れるレパートリーが欲しい!」という方に、定番の汁物レシピをご紹介したいと思います。   超簡単で、少[…]

汁物

記事はいかがでしたか?

こちらには、記事を読んでくださった方にオススメな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




づわり対策
☆とんの日常はこちらから☆