お出かけ大好き!地域のことやグルメなど、何でもアリなレポ記事メインの雑記ブログです!

【写真付き】蔵王中央ロープウェイで空中さんぽ!現地の様子や運行情報も紹介

紅葉シーズンで混み合う蔵王。

 

蔵王は山形県の人気観光スポットで、トレッキングやスキーなど四季を感じられるアクティビティもできる自然豊かな場所です。

 

そこで、我が家も紅葉を見に行こうと、蔵王中央ロープウェイに行ってゴンドラに乗ってきました!

 

とん
今回は、蔵王中央ロープウェイの基本情報や登った先の鳥兜駅について現地の写真付きでレポしていきます。

 

蔵王中央ロープウェイは、11/5〜11/28まで整備運休とのこと。

ただし、23日(土)・24日(日)は営業。

また、蔵王スカイケーブルは、11/5より営業再開しました。

 

 

蔵王中央ロープウェイとは?

 

蔵王中央ロープウェィ

 

蔵王中央ロープウェイは、蔵王温泉にある温泉駅と鳥兜山(とりかぶとやま)を結びます。

 

ゴンドラは101人が収容できる大型のもので、所要時間は7分30秒。

 

キャリーバッグ(200円)をレンタルすれば、ペットも一緒に乗ることができます。

(※ただし、11月上旬〜5月下旬は不可)

 

また、目的地である鳥兜山の標高は1387mで、山頂には展望台があり、金運や商売繁盛にご利益のある蔵王大黒天が鎮座しています。

 

さらに、蔵王高原で幸せを呼ぶ3つの鐘のひとつ、「開運の鐘」があるのも鳥兜山の頂上です。

 

鳥兜駅からトレッキングもできるので、周囲を散策したい人にもオススメ!

 

ロープウェイの料金と改札について

 

蔵王中央ロープウェイは、時期によって営業時間が変わります。

 

しかし、日中の運行時間は20分に1本の間隔なので、事前にチケットを購入しておきましょう。

 

そして、出発時間の5分前になったら、待合室にある改札前でチケットを見せてゴンドラに乗り込みます。

 

乗り場に行くまでは階段なので、ペットがいる方等は抱えて行った方が良いかもしれません。

 

蔵王中央ロープウェイと蔵王スカイケーブルの料金表はこちら。

大人 小人 ペット
片道 800円 400円 200円
往復 1,500円 750円 400円

 

7分30秒の空中さんぽ

 

温泉駅から7分30秒かけて鳥兜駅まで向かいます。

 

ゴンドラ内には、約3人が座れる長椅子が端に4ヶ所と中央にも10人弱程の人が座れるスペースがありました。

 

今回は、晴れていて風も穏やかだったため、ロープウェイも揺れることなく快適!

 

蔵王の自然を大いに感じることができます。

 

蔵王中央ロープウェイ

 

窓から見える紅葉も綺麗で、なんとも清々しい気分!

 

ゴンドラも青い空に映えますね。

 

高いところが苦手な方でなければ、ぜひゴンドラから周囲を見渡してみてください。

 

 

鳥兜駅に到着!

 

鳥兜駅

 

あっという間に鳥兜駅に到着です。

 

やはり、山頂付近ということで少し肌寒い…!

 

今後山付近に行く方は、防寒対策をしっかりしていくことをおすすめします。

 

ちなみに、鳥兜駅には軽食が食べられるお店がありました。

 

鳥兜駅-飲食店

 

チケット購入時にコーヒーの割引券が付いてくるので、こちらの軽食コーナーで購入すると良いでしょう。

 

鳥兜山山頂

 

鳥兜駅から山頂までは歩いて1分ほど。

 

開運の鐘や蔵王大黒天の像があるパワースポットでもあり、山頂から見る大パノラマは絶景!

 

鳥兜山

 

山頂からは、山形市や上山市を一望できます。

 

さらに、金運や商売繁盛にご利益のある蔵王大黒天に祈願し、開運の鐘も鳴らしておきましょう!

 

開運の鐘

 

鐘の音が澄んだ空気に響いて美しい音色。

 

確かに、なんだか良いことが起こりそうです…!

 

ちなみに、蔵王高原には他にも愛の鐘健康の鐘があるので、ぜひ3つの鐘を鳴らしてみてくださいね。

 

蔵王の四季を感じてみて!

 

鳥兜駅

 

帰りは、またチケットを見せてロープウェイで下山します。

 

往復で15分間。蔵王の空中さんぽを楽しむことができました。

 

帰りのロープウェイも20分に1本の間隔なので、山頂を見てすぐに下山したい方は次の便で帰っても良さそうです。

 

また、蔵王は、冬に樹氷が見えるスポットでもあるので、冬季でもロープウェイも楽しめますね。

 

近くには温泉や足湯もあるので、日頃の疲れも癒されること間違いなし!

 

四季を感じられる自然豊かな蔵王へ行った際は、ぜひ蔵王中央ロープウェイに行ってみてください!

 

蔵王中央ロープウェイ 公式サイト

 

記事はいかがでしたか?

こちらには、記事を読んでくださった方にオススメな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




蔵王中央ロープウェイ
☆とんの日常はこちらから☆