お出かけ大好き!地域のことやグルメなど、何でもアリなレポ記事メインの雑記ブログです!

【Fit Boxing(フィットボクシング )】ジム退会者がメリット・デメリットをレビュー!

ここまで長々とFit Boxing(フィットボクシング)を語らせていただきました。

 

今回がラストのレビュー編となります!

 

まだ、購入を迷っている方へ最後に私が伝えたいことを全て詰め込みます!(笑)

 

まだ過去記事を見てない方は↓のリンクからご覧くださいね!

 

関連記事

皆さんは、冬の時期にお出かけしたり、ウインタースポーツを楽しんだりするタイプでしょうか?   私は・・・「お家大好き!寒いから出たくない!」とコタツでぬくぬくしておりました。   そんなことをして[…]

商品概要紹介

 

デメリット

タイミングがシビア?

 

決闘

 

私の場合ですが、「左右ステップ」という横に動くアクションの判定が「MISS」(失敗)となってしまうことがあります。

 

プレイヤーとしては、「動いてるのに〜!」という気分で集中力が途切れる原因に。

 

このゲームはタイミングが大事で、インストラクターが「せーの!」と声掛けをしてくれますが、自分で「JUST!!」になるタイミングを感覚で掴んだ方が良いです。

 

初心者はこのタイミングを掴むのに慣れが必要かもしれません。(夫談)

 

集合住宅にお住まいの方は一応ヨガマット等で防音対策を!

 

ヨガマット

 

このゲームはキック動作はなく、比較的静かにプレイできますが、前後にリズムを取ったり、前後左右にステップのアクションをすることもあるので、念のためマットを敷いて防音対策をした方が良さそうです。

 

ちなみに、私は絨毯の上で靴下を履いてプレイしていますが、腰から体を回転させてパンチを打つので、絨毯がズレるズレる(^^;;

 

毎回エクササイズ終了後に直していて、ちょっと面倒なところもあります。

 

 

 

メリット

自宅でできるエクササイズなので服装に気を遣わない!

 

運動服

 

ジムに通っていた頃は運動着や靴など一式必要でしたが、自宅でエクササイズができるので、自分が動きやすければ格好に気を付けていなくても、周りの目を気にすることはありません!

 

家でしか着れないTシャツ、出番ですよ!笑

 

このゲームは結構汗をかくので、終わったらすぐお風呂に行けるのもいいですよね。

 

もちろん月会費いらず!一度買ってしまえばずっと遊べる!

 

豚の貯金箱

 

ジムは入会金や月会費など、毎月お金がかかってきます。

 

私は月に1万円程支払っていました…

 

しかし、Switch本体とこのゲームのパッケージ版を合わせても、ジムの月会費4ヶ月分には収まると思います。(本体は中古も出ているのでもっと安く手に入るかも)

 

一度買ってしまえば、会費を払わずとも本格的なボクササイズができるのは魅力的ですね。

 

小スペースで場所を取らない!

 

運動靴

 

このゲームは、基本的にパンチを打つだけなので、新聞紙広げた程度の幅でプレイ可能!

 

アクションとして前後左右にステップを踏むこともあるので、周りにぶつからないように注意してください。

 

ゲーム本体とJoy-ConがあればOKなので、場所をとらず好きな場所でエクササイズができるのは嬉しいですね!

 

ボクササイズはダイエット向き!

 

ボクシング

 

ボクササイズの効果としては、脂肪燃焼、ストレス解消、結構促進、筋力アップなど、身体にいいことばかり!

 

10分でもじんわりと汗をかくことができます。

 

二の腕も引き締まるし、最初は筋肉痛にもなりました。

 

頑張りすぎて無酸素運動にならないように、パンチを打つとき息を吐いて、呼吸を忘れずに行いましょう!

 

こんな方にオススメ!

 

ジムに行かなくなるのって、「そもそも行くのが面倒」って気持ちがありませんか?

 

もともと私もボクササイズはジムで行っていたのですが、自宅で同じことができるなら、月会費も移動時間もなくて良いことづくしだなと思いました!

 

毎日やることが、手軽で楽しくて、爽快感があって、ダイエットや引き締め効果もあるって、お得に感じてしまいます。

 

そもそも運動に慣れていないと、ダイエットのモチベーションも下がって無理な食事制限に走りがちですが、このボクササイズ、本当に楽しいです!!

 

食べるのが大好きな私は、食事制限するくらいなら、楽しくエクササイズして痩せたいと思っています。

 

  • ダイエットしたいけど、きつい運動は苦手な方
  • ストレス社会で頑張っている方
  • 自宅でできるエクササイズを探している方

 

ぜひ「Fit Boxing(フィットボクシング )」で一緒に汗を流しましょう!

 

 

記事はいかがでしたか?

こちらには、記事を読んでくださった方にオススメな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




メリット・デメリット
☆とんの日常はこちらから☆